最近の投稿

‘2014/08’ カテゴリーのアーカイブ

残り溝・傷・偏摩耗をチェックするときのポイント

2014/08/03

皆さんは自動車を運転されますか。また自動車を運転される方は日々の安全走行に注意していますか。今や、自動車は一家に一台と言われるほど、広く社会に浸透し今では自動車免許を持つのと同じぐらい当たり前のこととして認識されています。そのため、多くの車が行き交い渋滞を引き起こし、さらに直接的な原因ではないにしろ交通事故にもつながっています。交通事故の原因を分析すると、運転者自身によるわき見運転、居眠り運転、スピード超過、そして飲酒運転など、ドライバー自身の人為的なミスと安全運転を心掛けてさえいれば防げる事故が大半です。しかしながら、運転者の意識で防げるものと同じぐらい、自動車の整備不良による事故も発生しています。特にエンジントラブル、シャフトなどの動力系のトラブル、ブレーキ系のトラブルも数多く方向されています。この中のブレーキ系統のトラブルにはタイヤの偏摩耗や傷、残り溝がないためにスリップしたという事例も含まれています。安いタイヤを購入すると品質が悪いため、すぐ摩耗する上に偏った部分だけが中心的に減っていくという現象が起きてしまいます。その結果、蛇行運転やブレーキの利きが悪くなるなど事故に繋がると考えられます。

空気圧をチェックするときのポイント

2014/08/03

皆さんは自動車をお持ちですか、また自動車を普段運転されますか。最近では一家に一台で自動車を持つ家庭が増えており、都市部、郊外のみならず渋滞を引き起こす原因にもなっています。またそれに比例するかのように交通事故も増加傾向になっており、その防止について対策が考えられています。交通事故はスピード超過、居眠り運転、わき見運転、そしてあってはならない飲酒運転など、所謂人為的なミス、判断ミス、心得違いなどと防ぐことの出来る要素が多くが原因となっています。その反面で、自動車整備の問題も大きく取り上げられておりエンジンルーム内の各機能の整備不良、オイルなど消耗品の交換なども重要です。その中にあってタイヤの交換も安全上必要な点検項目です。タイヤの安全性については空気圧と溝の摩耗が常に問題視されています。タイヤの空気がしっかりと入っていないとタイヤの内側にばかり負荷がかかりその部分ばかりが極端に摩耗することになってしまいます。結果、蛇行運転になる可能性があり、またブレーキも利きにくくなるため、非常に危険です。雨の日など滑りやすい日については、よりタイヤと道路との接地面積が重要になってきますので念入りな点検が必要です。

タイヤトラブルを予防するチェックポイント

2014/08/03

皆さんは自動車をお持ちですか、また自動車を普段から運転されていますか。最近では、都市部、郊外に関わらず、自動車を一家に一台持っている家庭が多くなりました。そのため、街中には自動車が溢れ交通渋滞を生み出したり、交通事故の発生率増加を引き起こす結果となっています。自動車事故のすべてが自動車の増加に伴うものとは限りませんが、自動車事故におけるドライバーの安全意識やマナーの低下なども原因の一つとなっています。また、自動ブレーキや衝突防止ハンドルなどの自動車の性能が向上している反面、ドライバーのわき見運転、居眠り運転、飲酒運転、スピード超過など安全意識さえしっかり持っていれば未然に防げる事故があることも事実です。今後はこのように自動車性能の向上に加えドライバーの安全意識の向上を並行して進め、事故防止に繋げることが重要です。また自動車事故防止には普段からの自動車整備、点検が重要であることも付け加えておきます。その一つとしてタイヤトラブルの防止です。タイヤの空気圧や摩耗度のチェックなどを定期的に行うことでスリップや蛇行運転、パンクなどを防ぐことへと繋がります。どうしても目立たない部分なので怠りがちですが、非常に重要な部分です。

スタンディングウェーブ現象について

2014/08/03

スタンディングウェーブ現象とは、自動車の走行中にタイヤが波打つ状態に陥ることをいいます。この状態が続くとタイヤは破裂しますので、非常に危険な状態であるといわざるを得ません。

一般の乗用車においては、タイヤの空気圧が低い時に、タイヤの接地面が正常時より大きくなった状態で起きます。特に高速道路で起こりやすく、体や接地面のへこみが回転スピードに追いつけず、大きく波打つ状態になります。走行を続けるとハンドルには振動が伝わり、大きな異音がし、やがてバーストします。

4t車では危険がより大きくなります。前輪が左右1本ずつしかないので、前荷になると前輪に加重がかかりタイヤ接地面積が大きくなります。4t車より大きな車でも前輪が左右1本ずつならば同じ理屈です。この場合は空気圧とは無関係に起こりますので、前荷や過積載を問題視すべきです。運送関係では安全性より効率性を追求して重量オーバーを起こしがちです。実際にこのような原因による事故は高速道路等でも大きな巻き添えを伴いながら発生しています。

一般車の場合でも高速道路での事故は大事故につながります。タイヤ空気圧を適正に保つだけで避けられるものですので、走行前点検を行ったり、ガソリン給油の際に店員にチェックしてもらうのも良いでしょう。

運送業者の場合は、トラックそのものの安全が顧客満足度につながるのだと理解をあらためてもらい、過積載や積み荷の偏りを防ぐことを、企業単位ではなく業界全体でルール化するようにして安全確保を実現してもらいたいものです。

ハイドロプレーニング現象について

2014/08/03

自動車の走行と停止には、摩擦力が大いに関係しています。これはタイヤと路面が接することで発生します。したがって道路状況の良い環境であれば、自動車は本来設計された通りの機能を発揮して快適な運転をすることができます。しかし路面はいつでも最適の環境とは限りません。すり減ってしまっているタイヤは論外としても、新品のタイヤで走行してもこの摩擦が働かず、運転者にとって制御不能の状態に陥ることがあります。そのひとつがハイドロプレーニング現象です。

水はけの悪い道路をある一定以上のスピードで走行を続けていると、タイヤと路面との摩擦が生じなくなり、制御不能に陥ってしまうのがこの現象です。自動車教習所の学科では必ず取り上げられて注意が換気されているはずですが、この現象を「知らない」とする人も少なくありません。しかしそのような人でも、雨天時に路面状態が悪い道路を走行して、ハンドルやブレーキがうまく効かなかったという経験を持っている人も少なくありません。つまり普遍的に起きうる現象なのです。

この現象が起きやすいのは雨天の高速道路などです。対策は、道路に水が溜まっていないかを目視注意、減速、摩耗したタイヤを使わない、タイヤの適性空気圧の確保、です。そして走行中に万が一遭遇してしまったら、アクセルから足を離さない、ハンドルはそのままの状態で、ブレーキは踏まない、シフトも変えない、としてタイヤの回転に合わせて徐々に減速するのを待ち、タイヤが地面をしっかりと捕えるまで待つのです。そして一番の秘訣はパニック状態にならないことでしょう。

その他のタイヤのトラブルとは

2014/08/03

タイヤはエンジンの回転をミッションによって出来たものを直接路面に伝える役目をします。ですからまず伝達を伝えるスピードは0~100キロ前後で走ります。そう考えると伝達手段としての重要性は言うまでもありません。走る条件は晴ればかりとは限らず雨であったり、雪であったり、風が吹く条件も当然考えられます。性能は価格に比例します。現在はエコであったり、雨に対する制御が出来るものが増えて来ています。性能は向上しているのは事実ですが、トラブルはどうしても避けられないものです。一番はパンクです、最近はパンクのしにくいものが増えています。時たま高速道などでバースト(サイドなどが裂ける)ことがあり、スピードが出ていると非常に危険です。高速道で気をつけてほしいのはAの高速道からBの高速道に入るカーブなどでスピードを上げようとしてアクセルを踏み込んだときに運悪く後輪がパンクしたためハンドルが全く効かず、ガードレールにぶつかるといったこともあります。特に高速道に乗るときには空気圧だけでなく、車体の周りににも見てみましょう。でも結局、車自身も消耗品という考えを持って、減り具合だけでなく年数も考えましょう。まだ大丈夫という考えは捨てて、何事も早い目の交換は、大きな事故を防ぐ基となります。

コード切れによる破裂(バースト)によって生じるトラブルについて

2014/08/03

自動車の運転時、タイヤの空気圧は非常に重要なポイントです。乗り心地だけではなくタイヤやひいては自動車の性能を発揮できるかにも関わります。空気圧は高すぎても低すぎてもいけません。高すぎる場合は摩擦や傷を受けやすく、タイヤが損傷します。低すぎる場合は発熱によって損傷や片減りが起きます。1ヶ月に1度は点検をし、その自動車にあった空気圧となるように調整しましょう。ガソリンスタンドなどでもチェックしてもらえますし、それだけのことで確実に重大事故をひとつ減らせる可能性があるのです。

まずご自分の自動車の空気圧を知っておきましょう。タイヤが全く同じものでも搭載する自動車が異なれば適性空気圧は異なります。つまり自動車が空気圧を決め、それを指定空気圧と呼びます。運転席ドア開口部に記載されていますので、実際に見ておきます。

さて空気圧が低い時も問題がありますが、空気圧過多で走行した時にも特有の問題が起こりやすくなります。まずタイヤセンター部の偏摩耗つまりセンター摩耗を発生しやすくなり、タイヤの寿命が短くなります。また自動車運転中に車が跳ね上がるような感触を受け乗り心地が悪化します。さらにタイヤに傷を受けやすくなり、コード切れやタイヤのバーストに至り重大事故を引き起こします。

これらの問題を避けるには、空気圧点検や調整はタイヤが冷えている時に行って正確に点検・調整します。また月1回はエアゲージを用いて自主点検しましょう。さらに空気圧調整は指定値を下回らないようにし、上限は10%程度とします。そしてバルブからの空気漏れやホイール変形がないことも確認しておきます。最後に、スペアタイアも忘れずに点検します。

はく離(セパレーション)って何?

2014/08/03

車は仕事や日常生活の移動手段の一つとして、現代社会でよく活用されています。
日々車に乗っていると、色々な故障やトラブルが発生することがあります。
セパレーションとはタイヤの内部が分離して剥離してしまう状態のことを言います。
その原因は様々なものがありますが、空気圧不足であったり、高速走行による発熱によるものだったり、縁石などの障害物に乗り上げた衝撃で内部のワイヤーが切れてしまったりするといったケースによって起こります。
剥離が起こった場合には、酷くなるとバーストを起こすので、スペアタイヤに交換して、新しいタイヤを購入した方が良いです。
タイヤの剥離が起こらないようにする為には、空気圧不足を解消したり、過度な高速走行をしないようにしたり、荷物を載せ過ぎないようにしたり、タイヤとホイールを適合させたりすることです。
空気圧が不足している状態で無理な走行をさせると、タイヤは剥離を起こしやすい状態になるのです。
剥離を起こすと、車の走行に支障が出てくるので、日頃からメンテナンスを行い、極力車にとって適した条件で走行することが必要です。
また、剥離が起こった時に応急処置が出来る体制を整えておくことが大切であり、スペアタイヤを持っておくと良いでしょう。

空気圧が原因のトラブル編

2014/08/03

タイヤの空気圧とは、タイヤ内に入っている空気の圧力のことです。
タイヤ内の空気の圧力に異常が生じると、タイヤや車の機器に異常が生じて、事故や故障を誘発しやすくなる危険があります。

圧力に異常が生じる原因としては、タイヤの状態の異常と空気の圧力が適切でない場合に起こる原因があります。

タイヤの状態で異常が起こる原因としては、タイヤが古くなってしまって本来の性能を発揮できない状況であったり、釘や石などの異物が刺さってタイヤの状態に影響を与えている場合などがあります。

空気の圧力が適切でない場合に起こる原因としては、不適切な空気の圧力の影響があります。
空気の圧力が高い場合は、タイヤ中央部の異常な磨耗やブレーキの機能低下などが起こりやすくなります。
空気の圧力が低い場合は、タイヤの両端の異常な磨耗とホイールの離脱や、燃費の悪化などが起こりやすくなります。

どちらの原因の場合も、タイヤや他の機器に異常を生じさせるため、できるだけ早い対応をする必要があります。

これらの問題を回避するには、定期的に点検してタイヤの状態を確認することや、タイヤに定められた適切な空気の圧力を維持するようにする必要があります。

車の整備士やメンテナンスサービスなどを利用して適切な助言を得る方法も効果的です。