最近の投稿

‘2016/01’ カテゴリーのアーカイブ

広島ベイクルーズ銀河のおすすめポイント

2016/01/07

広島の最大の観光スポットといえば、「平和記念公園」と「宮島」ですが、平和公園が街の中心部にあるのに対し、宮島は中心部からどうやっても片道1時間半はかかります。周辺は広島のベッドタウンのため、道はいつも渋滞しているし、電車も人が多く、行き帰りだけで疲れることは覚悟しなくてはなりません。しかし、日本三景の1つでもあり、世界遺産の宮島はぜひ訪れたい観光スポットのひとつ。そこで、思い切って、広島市内から船で渡るという方法があります。
広島ベイクルーズ銀河は、広島市内中心部からほど近い広島港から乗船できます。銀河の最大の魅力は、なんといっても、デッキから見える瀬戸内海の多島美を、おいしい料理とともに次から次へと間近で堪能できるという点でしょう。
サマーシーズンからウィンターシーズンまで、一年を通して瀬戸内海の贅を尽くした食事を味わいつつ、美しい島々を眺めていると、宮島まであっという間に着いてしまいます。帰りは、高速船で広島港へ一直線。
銀河では、宮島上陸コースだけでなく、クルージングコースもあります。クルージングコースでは、宮島の水中鳥居を間近でゆっくり見ることができます。また、昼だけでなくナイトクルージングもあります。夜間のライトアップされた海田大橋は絶景です。その下を通るときは、大人も童心に返り、ワクワクすることでしょう。

神龍湖を120%楽しむ方法

2016/01/07

神龍湖というのは、広島県庄原市の帝釈峡特定公園内に位置している、全長約8キロメートル、周囲の延長が約24キロメートルという、広大な面積をもつ人造湖です。ドライブの場合は、中国自動車道の東城インターチェンジを降りて、県道25号に沿って南西方向に約15分ほど走らせた先になります。神龍湖の周囲には散策路がもうけられていて、紅葉橋、神龍橋、桜橋とよばれる3つの橋を通って徒歩で1周するのがおすすめのコースですが、さらに本格的に中国自然歩道を通って奥地までハイキングに行くと、その途中には石器時代の岩陰遺跡、帝釈峡を代表する鍾乳洞の白雲洞、浸食によって天然の橋のような地形ができあがった雄橋、帝釈天を祀り安土桃山様式の彫刻がある本堂をもつ永明寺などのみどころがあります。この神龍湖は、スプリングシーズンに湖開きが行われ、これ以降は帝釈峡遊覧船が運航されますので、湖上から奇岩がつらなる帝釈峡の壮大な自然をながめることができます。とくにフォールシーズンの紅葉はたとえようもなく美しいものですので、日程があえばこの時期に訪れてみるのもよいでしょう。帝釈峡遊覧船は期間中は無休で運航しており、所要時間は40分ほどとなっています。

君田のひまわり畑

2016/01/07

君田のひまわり畑は、広島県三次市の君田町地区にある、大規模なひまわり畑です。マイカーでこの場所を訪れる場合には、中国横断自動車道の中国やまなみ街道(尾道松江線)口和インターチェンジを降りて、広島県道39号を三次町方面に向かい、約3キロほど過ぎたあたりをめじるしにするとよいでしょう。広島県のなかでも島根県との県境に近いところで、かなり山の奥といった印象のあるところです。パーキングスペースは用意されていますので、特に公共交通機関を使わなくても問題はありません。君田のひまわり畑は、転作田を利用してひまわりを植えたもので、その数はすべてあわせると100万本ともいわれていて、毎年数千人という観光客が訪れて、思い思いに観賞したり、写真をとったりしています。ひまわりの見頃はやはりサマーシーズンまっさかりの7月ごろで、8月を過ぎると花が枯れて種を残すようになりますので、少しずつ伐採されてしまいます。また、実は7月の「ひまわりまつり」の時期に訪れた人は摘み取り自由となっていますので、気に入ったものがあればその場で摘み取って花を持ちかえることができます。その際、ひまわりの種代にあてるための樽募金とよばれるものがありますので、協力できる人はいくらか募金するとよいでしょう。

Zakka&cafe生活やに行こう!

2016/01/07

広島県の庄原にあるのが、Zakka&cafe生活やです。国道183号線は、この辺りの主要交通道路ですから車でドライブやバイクのツーリングで沢山の方が訪れる場所でも有ります。その国道183号線沿いにある、少しお洒落な雑貨やカフェなどの総合施設がZakka&cafe生活やです。毎年、春先に行われるスプリングフェアは特に人気のイベントになり、沢山の人が訪れるイベントです。スプリングフェアだけの限定商品なども多く、それを目当てに広島市内などから訪れるお客様も多いという人気イベントです。Zakka&cafe生活やは、一歩店内に入るとまるで可愛い物も玉手箱の様に見えるでしょう。ナチュラルな雑貨や、アンティークな雑貨、洗練されたガラス食器や、シンプルなカラトリーなど様々な物が所狭しと並べられています。きっと、あなたが気に入る一品も見つかる事でしょう。また、ドライブの合間の立ち寄りスポットとしてオススメなのが併設されたカフェです。パスタや、ベーグルなどのセットに加えて、カフェタイムも楽しめる様なケーキセットも用意されています。ペット連れの方は、テラス席もありますのでペットとのんびりとお茶やランチを楽しむ子とが出来るのも魅力の1つです。

道路はカーナビを使いこなして決めましょう

2016/01/07

カーナビは目的地をセットしておくことで、その目的地までのルートを検索してくれる機能を有しています。そのため、日帰りドライブなどのシーンにおいては目的地を決め設定しておけば、自動的に最適な方法でのルートを見つけてくれることで、迷う心配がないのが優れています。

しかも最近の機能では、ルートを検索するだけでなく、所要時間や所要距離なども算出してくれて、ドライブの準備でも役に立てることが可能です。なお道路事情は刻々と変化することもあり、渋滞情報を教えてくれたり、それを回避することでも活用することが出来ます。

従って、ドライブする上では欠かすことが出来ない機器としてオススメであるのがカーナビです。カーナビは本体などの機器も価格も手頃となっており、しかも年々、高機能化されています。

道路情報も毎年、インターネットからダウンロードすることで最新に更新することも出来て、新しく出来た道路にも対応している点もあります。カーナビにはオススメのドライブルートもあったりして、例えば県面積が広い広島県内の見所の観光スポット巡りでも、それを事前に教えてくれるなどで十分活用することも可能です。

なかなか操作にも難しく使いこなせていない印象もありますが、ドライブする前の時間的に余裕がある時に下調べをする上でも使えます。計画的なドライブを実践する上で使いこなしていくと、思わぬ観光スポットも見つかることがあります。

よがんす白竜の見どころを知ろう!

2016/01/07

広島県にある少し小さな道の駅「よがんす白竜」は、ブラックバス釣りで知られている白竜湖沿いにあります。
よがんすとは方言で、良いですよ、良いですねという意味があります。
このよがんす白竜は、三原市がアメリカのギャロウェイと姉妹都市として友好を結んでいるので、ギャロウェイからの輸入資材を使用して建設された、洋風でお洒落な建物が見どころです。
秋には、白竜湖畔の綺麗な紅葉を見に訪れる方々もこちらの道の駅に立ち寄り、のんびりと休憩したりお土産を買ったりしています。
車で白滝湖の周辺をドライブしたら、よがんす白竜でちょっと息抜きしてみてください。
この道の駅の特産品売り場では、三原市大和町特産の「ハト麦」を使ったハト麦茶や、ハト麦煎餅などが人気で、ハト麦ソフトクリームなどもあります。とても珍しいですよね。ここでしか食べられないソフトクリームなので、ぜひ味わってみてください。
併用されているレストランでは、イタリアの食材と大和町の新鮮な野菜を使った石窯焼きピザやパスタなど、本格的な創作イタリアン料理を味わうことができます。子供から大人まで、幅広い年代の方々に人気の高いレストランです。
特産品を使った大和丼という地元の名物丼ぶりなどもありますので、地元産のお土産だけでなく食事も楽しめますよ。
家族連れでも一人旅でも人気の道の駅です。ぜひ訪れてみてください。海07

豊平どんぐり村の楽しみ方とは?

2016/01/07

広島県にある道の駅、豊平どんぐり村。
遊び、体験、さらに宿泊もできるという、滞在型道の駅として大人気です。
車で広島市内をドライブしたら、ぜひこの豊平どんぐり村に立ち寄ってみましょう。
小さなお子さんにも嬉しい遊具がたくさんあり、全長110メートルの長い滑り台をはじめ、芝生の上を走り回れるちびっこ広場など、多くの家族連れで賑わっています。
こちらでぜひ楽しんでいただきたいのが、そば打ち体験です。1日2回開催されており、誰でも手ぶらで参加できます。
子供も大人も楽しめるそば打ち体験ですので、ぜひ参加してみてください。
広々とした敷地の中に、様々な施設が揃う豊平どんぐり村ですが、宿泊施設だけでなく温泉施設もあります。
入浴料を払えば誰でも気軽に入ることができ、さらには休憩所まで完備しています。
たくさん遊んだあとは、この温泉にのんびり浸かりましょう。
施設内のお食事処も人気で、地元の食材を使った料理や豊平名物の蕎麦など、おいしい料理が食べられます。
また、そば処「どんぐり庵」やうどんの「むさし」など、専門店もあるのがまた魅力的ですね。
観光客の方々はもちろん、地元の方にも大人気なのが、さんさん市です。こちらでは、とれたての地元野菜から、生産者から直送される花壇苗や野菜苗も販売しています。豊平は広島県一の花苗産地です。ここでしか買えない苗をもとめて訪れる方も多いです。
食べて、遊んで、泊まって、そして帰りには沢山のお土産が買える、そんな魅力たっぷりの道の駅です。ぜひ訪れてみてください。海06

遊YOUさろん東城に行こう

2016/01/07

海05遊YOUさろん東城は、広島県庄原市の東城地区にある道の駅です。このあたりは広島県内でもかなり山あいの地になりますが、中国自動車道の東城インターチェンジからは約1分ほどの至近距離にありますので、高速道路のドライブがてら訪れるのには最高のロケーションといえるでしょう。道の駅のかたわらには成羽川が流れ、周囲を山並みがとりかこむような環境ですので、ヤマザクラやモミジなど、四季おりおりの変化があって、心がゆったりとする感じを覚えます。遊YOUさろん東城の特産品コーナーは、特製そばまんじゅうをはじめ、そば焼酎、ヒバこんにゃくなどの地元の名産品を中心とした品揃えで、その数実に4000アイテムといいます。遊YOUさろん東城で人気といえば、やはりレストランコーナーといえるでしょう。オーダーが入ると、広島牛をシェフみずから鉄板の上で焼きあげるというスタイルで、たちのぼる香ばしい煙が食欲をそそります。ほかにも、地元東城で収穫されたそばを用いた「そば祭」などのイベントも広場で定期的に開催されていますので、その日に行き合うことができれば、さまざまなゲームに参加したり、出店で地元グルメに舌鼓を打ったりということも可能です。

さんわ182ステーションの魅力

2016/01/07

さんわ182ステーションは、広島県の福山から庄原市東城方面へ向かう国道182号線沿いにある道の駅です。
ちょうど神石高原町の入り口にあたる坂瀬川に位置します。
施設では地元の農家で採れたお米や季節折々の野菜、工芸品などの特産物が販売されています。
観光客向けの案内所が併設された「やまびこローソン」があり、神石高原町の情報発信の拠点となっている他、
地元の人々の交流の場としても親しまれています。
施設内にある自然食レストラン「高原の風」では、地元の田舎料理や、付近の主婦が毎日試行錯誤を重ねてつくる、
どこか懐かしいおふくろの味をバイキング形式で味わうことができます。
ケーキやおはぎなどのデザートまで楽しめます。中でもおすすめは,美味しいお米でつくる山菜おこわやお赤飯で、大人気メニューです。
神石高原町のふるさと納税で地域再生プロジェクトを選択すると「高原の風」でのお食事券のプレゼントがあるので、
興味のある方は調べてみると良いでしょう。
また、環境に配慮したまちづくりの一環として、観光EVカーシェアリングサービスの提供をしています。
仙養ヶ原や帝釈峡等の観光地の周遊におすすめです。取り入れてみてはいかがでしょう。
海04

ドライブ情報!広島県のここがオススメ

2016/01/07

瀬戸内海にも面している広島県は、中国地方の中でも中心的な役割を担っている県です。県内には旅行者にも人気の観光スポットがたくさんあります。ではここでそのいくつかをご紹介しましょう。
まずは、広島県の県庁所在地である広島市です。とりわけ有名なのは、平和記念公園とそれに隣接している原爆ドームです。また、ここから徒歩数分の場所には、プロ野球の広島東洋カープがかつてホームグラウンドとして使用していた広島市民球場の跡地があります。ここには、同球団のリーグ優勝や日本シリーズ制覇を記念した碑、またチームの主力選手であった衣笠祥雄氏の偉業をたたえる銅像などが置かれています。さらにここから徒歩数分の場所には、歴史ファンにも人気の広島城があります。なお、これらの場所にドライブの一環で訪れる場合には、コインパーキングなどに停めてから巡るとよいでしょう。
では次に、広島市以外の観光スポットです。広島市の西側に位置する廿日市市には、歴史深い観光名所があります。安芸の宮島とも呼ばれる厳島です。ここは平家に信仰された厳島神社が建つ島です。現在の社殿は平清盛が平安時代に造営したもので、世界遺産にも登録されています。本土と島を結ぶカーフェリーが運航されているので、自分の自動車を島に持ち込むことも可能です。
さらに、県の比較的東部に位置する尾道市は、瀬戸内海の景色がとりわけ美しい場所です。数々の映画の舞台となった場所であり、尾道ラーメンなどのグルメも味わえる場所です。また、ここから有料道路(しまなみ海道)を利用すれば、因島をはじめとする瀬戸内海の島々にも行くことができます。海03