最近の投稿

‘2016/03’ カテゴリーのアーカイブ

定期的な交換が原則!エアフィルターを大切に扱うために

2016/03/11

空気を良い状態でエンジンに送るためにエアフィルターのメンテナンスは必須です。ゴミなどの不純物があるとエンジンも十分な性能を発揮しませんし、燃費も悪くなります。最悪の場合は故障の原因になりかねません。
空気をエンジンに送り、中で爆発させてシリンダーを動かすのがエンジンの役目ですが、エアフィルターの汚れでフィルターの目が詰まってしまえば送り込む空気の量が減ってしまい、ガソリンに対しての空気の供給量が不足して、十分な爆発を起こせなくなる「不完全燃焼」に繋がります。不完全燃焼の排気は有害物質を排出するため、大気にも悪い影響を与えます。車の安全と環境のためにもエアフィルターの定期交換はとても大切です。
家庭のエアコンのフィルターと名前は似ていますが、洗浄ができるエアコンのフィルターと違い、車のエアフィルターは清掃ができません。汚れたら早めに交換する事で綺麗な状態に戻しましょう。
交換のタイミングとしては5万キロと言われていますが、交換作業は簡単ですし値段も工賃込で3,000円ほどと安いので、もう少し早めの交換でも良いでしょう。業者にお願いするときは問題ありませんが、交換時に異物が入り込まないように注意して交換しましょう。

実は燃費に影響してるんです!車内の空気を快調に保つために

2016/03/11

車社会の現代で、エコ意識の高まりも見せている昨今。
環境に優しい運転を心掛けている人も多いと思います。
アクセル操作一つで燃費は大きく変わるのは知られていますが、エアフィルターを交換することでも燃費は向上する事をご存知でしたか?

エアコンだからあまり燃費には関係ないと思われがちです。
しかしエアフィルターが汚れて目詰まりをおこすと風が出にくくなります。
風が出ないのでなかなか設定温度にならず、コンプレッサーが働き続けます。
その結果、燃費の悪化につながるのです。
微々たるものかもしれませんが、エコ運転を行いたいなら、エアフィルターの交換をしましょう。

頻度としては、走行距離や車内環境によっても異なります。
車内で喫煙している場合やペットが同乗する場合は汚れやすくなっているので1年に1回は点検してもらい、汚れ度合いによって交換しましょう。
それ以外の場合は車検ごとの交換で十分と思われます。
イレギュラー要因として、大きな虫がフィルターに貼りついて、エアコンの効きが悪くなるケースもあります。
夜間に山中を高速走行した後にエアコンの危機が悪くなったら一度確認してみて下さい。

フィルターを交換すれば車内も快適になり、心に余裕が生まれ、エコ運転に努めようという思いが強くなるかもしれません。
地球にやさしい運転をすれば、自身のお財布にも優しい運転につながります。まさに一石二鳥ですね。

?????????????????????????????????????

車の中で欠かせない!エアフィルターの働きとは

2016/03/11

車のエンジンはただ燃料があれば動いてくれるわけではありません。燃料をしっかりと燃焼させるためには空気が必要になります。しかしエンジンはとてもデリケートなもの、小さなゴミやチリが入り込んでしまうだけでも、不完全燃焼を引き起こしたり、故障の原因になってしまいます。
そのゴミやチリからエンジンを守る働きをしているのがエアフィルターです。自動車は走行中に外の空気をエンジン内に取り入れる構造になっています。その空気の通り道にエアフィルターを組み込むことで、きれいにろ過された空気がエンジン内へと送られ、正常に燃料と混じり合い、しっかりと燃焼を起こすことができるわけです。
ですからエアフィルターはいつもきれいに保っておかなければなりません。フィルターが汚れて目詰まりを起こすと、取り入れられる空気の量が減ってしまいます。そのような状態になると加速性能が落ちてしまったり、燃費効率も悪くなってしまいます。
また空気が足りないせいで燃料の不完全燃焼も起こりやすくなります。そうなると排気ガスに有害性が表れ、環境にも良くありません。
そのためエアフィルターは定期的に交換していくことが大切です。走行距離などを目安にして定期的なチェックをしっかりと行っていき、快適なドライブを楽しんでいきましょう。

扱いが難しい潤滑剤は用途に合わせて!潤滑油種類まとめ

2016/03/11

自動車を乗り続けるためには、大切な部分として日頃のメンテナンスをしっかりと行うことです。各種ケミカル用品なども売られていますが、時と場所を選んで適切に使用することが求められています。潤滑油として販売されているものの中にはエンジンオイルを挙げられます。エンジンオイルは車種によって決められていることがあり、粘度を守って使用することが大切です。また、クリーナーに分類されているものがあります。例えばエンジンオイルに混ぜて使用するトリートメントタイプがあり、このアイテムではエンジンをスムーズに作動させることに適しているものです。ガソリンタンク内に入れるクリーナーなども有名です。水抜き剤の効果を合わせ持つタイプが主流になり、エンジン内の汚れを綺麗に除去できるものが登場しています。5千キロ走行毎に使うことが推奨されている場合もあり、定期的に使用することでエンジンを快適に保つことができます。他にもグリース関連のケミカル用品もあります。このタイプはパーツとパーツが接合されている部分などで、経年劣化によって固着してしまうことを防ぐために利用することが一般的で、タイヤ交換などを行う際に、用いる方も存在していますが、タイヤのハブ周りには使わないことが一般的で、走行中にナットが緩んでしまう可能性があるので、取り扱いには注意が必要です。犬04

頑固な油汚れを落とせ!サビで回らないナットを回す方法

2016/03/11

自動車にはさまざまな部品が使用されていますが、それを固定するために使うのがナットです。
しかしこれが錆びてしまったということになると回すことが出来なくなり、部品を取り外せなくなってしまうことになるでしょう。
ではそういった際にはどうすれば良いのかというと、まず行うべきは潤滑油を使うことです。
潤滑油はホームセンターにも販売されていますが、これを使うと多少サビが浮いた状態でもスムーズに回せるようになります。
また併せてサビ取りスプレーなどを使うと、より簡単に回せるようになる可能性があります。
加えて行いたいのが油汚れを普段から確認して、落とせる部分を落とすことでしょう。
油汚れが浮いたまま放置するということはそれだけメンテナンスを怠っているということですから、普段からしっかりと見て、汚れている場所を拭き取ることが大切なのです。
さて、ただこうしたことを行っても絶対に回せるとは限りません。
そういった場合にはメガネレンチやボックスレンチといった工具を使って破損を覚悟して力ずくで回すか、最悪の場合ディスクサンダーでボルトごと切り離すなどのことが必要になります。
シャフトなどを切るよりはまだ費用はかかりませんが、それでもボルトがダメになればかなり高額な修理費を請求されることにつながります。
車は手をかけていないとどんどん劣化していきますから、たまに時間を作って状態確認をしてあげるようにしましょう。

大切なのはメンテナンス?ケミカル用品のポイント

2016/03/11

愛車をできるだけ長く乗って、常に良好な状態を保ちたい方であれば、一般的な洗車方法だけではなく、数々のメンテナンスケミカル用品を活用してみることがおすすめです。中にはメンテナンスとしてひと際効果の高いアイテムもあり、常備しておくことによって、自動車を快適に仕上げることができます。例えばボディは場所によって錆が発生してしまうことがあります。タイヤハウスの上のフェンダー部分なども相当していて、錆が少しでも発生しているならば、直ぐに錆落としクリーナーを用いることで対処できます。ドアの縁には内側に防水性を高めるためにゴムパッキンが設定されていますが、ゴムの劣化を抑制するための潤滑油スプレーなども販売されていて、このタイプは開閉するパーツ類など多くの場所に用いることができる便利なアイテムです。シャーシ部分にも注目することも良い方法で、シャーシブラックと呼ばれているスプレーを用いる方法で、下周りの腐食を軽減することができます。他にもオイルの添加剤やガソリンタンクの添加剤など非常に豊富なものがありますが、自動車の走行距離や使用年数などを把握して、常に最適な方法で使い分けることで、愛車を長期的に保護することに役立ちます。犬03

知ってた?カーパーツは定期的に交換が必要です

2016/03/11

家電製品などは購入してから壊れるまで部品を交換するということがほとんどないので、車の場合にも同じように考える人も多く定期的にカーパーツを取り替える必要性を認識していないということも少なくありません。

家電製品は過酷な環境で動作を続けるようなものではありませんから、部品が消耗して交換しなければならなくなるということ自体それほど多いものではありませんし、その時期に差し掛かった時には金銭的にも買い換えてしまったほうがお得であることが多いので、多くの人は部品を変えることなく家電製品を使うことになります。

しかし、車の場合には何万という部品で組み合わさっていて雨の日も雪の日も暑い日も寒い日も常にあらゆる場所に負荷がかかりながら動くものであるため、乗り続けるごとに時間が経過するごとにそれぞれの部品は消耗していくことになります。
どのような部品であっても理由があって存在しているわけですから、消耗したものは定期的に交換をしなければならずそのままにしておけば車全体の調子が悪くなって故障してしまうこともあります。
車というのは消耗品であるカーパーツを定期的に交換することによって、その状態を保つことができるので覚えておくと良いでしょう。

適度なメンテナンスを!車の部品は消耗品です

2016/03/11

車というのはメンテナンスが必要であり、車の部品というのは消耗品であるため定期的に交換をする必要があります。
日本の車というのは消耗品を定期的に交換してさえいれば、いくらでも走り続けることができるので、長く車に乗り続けたいと思っているのであれば車の部品の定期的な交換は欠かすことが出来ません。

まず、部品の中で特に弱いものとしてはゴムで出来た部品であり、ゴムというのは時間の経過によって劣化をするものとなっているので使用胃頻度にかかわらず一定期間で交換をすることが望ましいものとなっています。
ワイパーやタイヤなどというのが代表的なものとなりますが、それ以外にも車の中には様々な部分でゴム製品が使われているので特にゴムで出来た部分というのは定期的に交換をすることが重要となります。

そして、その中でもタイミングベルトというのは重要な部品でありこれが走行中に切れてしまうと、エンジンが壊れてしまう恐れもあるので要交換の消耗品となっていますが、その際に合わせてウォーターポンプなども交換をすると工賃がかからないので金銭的な負担が少なくなります。

車の部品というのは非常に多くのものが使われているので、それだけ定期的に交換をする必要が有るものも多くあるのです。犬02

車の調子は常にベストな状態に!部品交換が大切な理由

2016/03/11

車というのは消耗部品の塊のようなものですから、定期的に部品交換をする必要性があります。
車の部品はどれも過酷な環境で動くものばかりであるため、乗り続けることや時間の経過によって劣化してきてしまうものとなっています。
劣化をすればそのうち機能を果たさなくなってしまい、それが原因で大きなトラブルに発展してしまうことがあります。

車の部品というのはどれも安全に運転をするためには重要なものであり、どこかの調子が悪くなってしまうとそれが波及して全体の調子が悪くなってしまう恐れがあるのです。
しかし、逆に定期的に部品交換をしていれば車というのは非常に頑丈なものであるためいつまでも調子良く走らせることが出来、余計なトラブルに巻き込まれる可能性を低くすることができます。
走行中になにか大きなトラブルが発生した場合には命の危険性にまで事が及んでしまう可能性があるので、常に状態の維持に気をかけておく必要があり、そのためには部品交換をすることが大切なことになります。
車を安全に乗るためには運転の仕方に気をつけるだけでなく、状態面という点にも気を配って定期的にメンテナンスをして状態を維持していくことが重要なポイントになっているのです。

愛車の健康を維持するために!車に対してしておくべきことについて

2016/03/11

愛車の健康の為にも日頃のメンテナンスが重要ですが、定期的に確認しておきたいことがいくつかあるのです。
まずバッテリーの状態についてです。バッテリーが駄目になってしまうとエンジンが掛からなくなりますが、消耗品ですのでいつかは寿命が来てしまいます。また、突然寿命が来るのではなく、エンジンが掛かり難くなったなどの前兆がありますので見過ごさないようにすることが大切です。
エンジンオイルに関してもチェックしてみた方が良いと言えます。車の心臓部でもあるエンジンを健全に動かす為の潤滑油ですが、次第に汚れていってしまいます。人間で言えば血液のような存在ですので、綺麗な状態を維持することが愛車の健康の為にも大切であり、もし汚れが強いようなら交換する必要があります。
安全に走行する為にはタイヤに問題がないかどうかのチェックも必要です。タイヤはゴムですのでどんどん摩耗していきますし、寿命が来ている状態ですと本来の性能を発揮させることはできません。そしてタイヤのトラブルはブレーキのトラブルにも直結し、いざという時にブレーキがきき難いのは非常に危険です。よってタイヤの溝や弾力、空気圧、異物が刺さっていないかどうかなど、定期的に確認してみた方が良いと言えます。犬01