最近の投稿

‘2016/04’ カテゴリーのアーカイブ

放熱性ディッシュホイールの構造と基礎知識

2016/04/14

ホイールには様々なデザインのものがあります。またデザインよりも強度や重量などの機能的な部分のほうが重要です。ホイールでも一番一般的なのがスポークタイプです。これはホイール中心部分から外側のリム部にかけて、数本のスポークがあります。

しかしなかにはディッシュホイールと呼ばれるものもあります。これはホイール中心部からリム部にかけて一枚の大きな円盤状になっているのが特徴です。見た目のボリューム感はあるのと、全体を一枚の円盤に見せた独特のデザインで人気があるのですが、欠点もあります。まずホイール一枚あたりの材料が多くなるために重量が重くなってしまいます。

それからこのタイプは放熱性の問題もあります。ブレーキをかけたときに熱が発生しますが、ディッシュタイプでは発生した熱をうまく放出させることができません。熱が内部にこもるとブレーキがききにくくなります。そこで放熱性の問題を解決するために完全な皿状にするのではなく、ところどころに穴をあけて放熱ができるような構造にしています。

ディッシュタイプは高級車に多く採用されています。見た目の重厚感が感じられるのと、それが高級車のイメージにマッチしているからです。放熱性でやや劣るためスポーツカーではほとんどみられません。

スポーツカーのスポークホイールの特徴

2016/04/14

スポーツカーには、スポークホイールがセオリーとなってきています。そのホイルサイズにも、深リムと呼ばれるホイールを選定されているユーザーも増えてきました。スポーツカーだから、メッシュ系や、ディッシュ系を選定しない人の多くは、ユニホームを着たアスリートに革靴を履かしているようなミスマッチと分かりやすい表現をされています。素人目線で見ると、自分が好きなデザインが良いようにも思いがちですが、その車に合ったものを選ぶことが大切です。
また、比較的走ることを目的に作られている車なので、軽量化を重視している部分もあります。その為、ホイール部もスポークデザインにすることによって、軽量化を実現している商品も多く存在します。走る目的の車に思い荷物を載せては走らないですよね。
現在、スポーツカーを愛車としている方の多くは、足回りのドレスアップをする方が急増しています。車を購入したら、まずホイールをツライチセットするところから、そして深リムは当たり前、その中で軽量なデザインを選ぶと言うように流れが出来つつあります。
しかし必ずしも、スポーク系を履かないといけないということでは、ありませんので、ご自身の趣味に合わせたホイール選びを行ってください。

高級車のメッシュホイールとは

2016/04/14

自動車のタイヤをはめ込む部分にあたるホイールには様々な種類があり、自動車のユーザーの中にはカー用品店などから気に入ったホイールを購入して、純正ホイールと交換して使用する人が数多くいます。
自動車用のホイールをデザインにより分類すると、特に普及しているタイプはスポークホイール、メッシュホイール、ディッシュホイールの3種類です。このうち、メッシュタイプのホイールは、名称からも想像できるように細いスポークが網の目状に広がった構造となっており、見た目の複雑さが車両の高級感を高める効果があることから、多くの高級車で純正ホイールとして採用されています。また、スポーツタイプやミニバンの中にも、メッシュタイプのホイールを純正ホイールとして採用している車種があります。
メッシュタイプのホイールの機能面の特徴としては、ブレーキによって発生する熱を逃がす性能と、車両の軽量化特性に優れている一方で、複雑な形状であることから洗浄の際に汚れを落としにくく、作業に時間がかかるのが欠点となっています。製品の価格は、手頃なものであれば4本セットで40,000~60,000円程度で購入できますが、品質が高いものになると4本セットで40万円近い価格になっている製品もあります。

ホイールのドレスアップ方法

2016/04/14

自動車を個性的にドレスアップするならホイールを交換する方法があります。
これはいろいろなデザインがあるということと、インチアップをしてよりインパクトを出すようにすることができます。また走行性能も向上させることができます。
その方法はまず自分がどのようなイメージをしているかによって変わってきます。高級感を出したいのか、スポーツ感を出したいのかなどによっても変わってきます。
基本はタイヤの外径は変えないということなので、インチアップをしたならタイヤの扁平率で外径を調整することになります。
次に確認するのはタイヤの幅です。タイヤの幅が広くなるとそれだけグリップ力もアップします。
一般的にはドレスアップとしてはここまでですが、よりこだわるならオフセットを調整するという方法があります。
自動車のタイヤはフェンダーからはみ出さないようにかなり内側にタイヤが収まるようになっています。これを少し外側にもってくるだけでワイドトレッドとなりよりインパクトが出てくるのです。
よくツライチなどという言い方をしますが、フェンダーとタイヤが一直線にするドレスアップ方法があります。もちろんフェンダーからはみ出したり、どこかにタイヤが干渉してしまうと車検は通らないので注意して仕上げるととてもかっこよくなります。

車のPCD(ホイールピッチ)とは

2016/04/14

ホイールピッチとは、ホイールを車体に固定するためのホイールナット(ボルト)ごとそれぞれの中心をつないで出来る円の直径で、単位はmmです。この数値に対応するものでないと、そのホイールを自動車に装着することは出来ません。PCDと略して称されることが多いです。
ホイールピッチの規格は、色々と種類がありますが、日本の乗用車の場合は、100mmまたは114.3mmが一般的なホイールピッチであり、RV車などの場合は139.7mmを採用しているものが多数を占めています。
ホイールピッチは、例えば車のホイール交換の際に特に重要となり、交換するホイールのP.C.D.と車のP.C.D.が一致していないと装着することができません。また、車両総重量によってハブボルトの数や太さが異なっており、小型車・普通車は、軽量車両は3~4穴ホイールですが、それ以上の車両は5穴が一般的となっています。トラックやSUVは6穴やボルト径を太くした5穴、大型貨物車は8穴と総輪数が少なくなっており、大型バスでは10穴となります。
また、日本車の場合、アメリカやイギリスの輸入車のコピーから始まったため、インチサイズを基本としたモデルが主流となっていた名残りから、同じメーカーでも車種やモデルによってはP.C.D.が異なるケースもあります。

3ピースホイールの品質と構造

2016/04/14

車のタイヤは路面と接しているパーツになりますが、タイヤが付いている部分がホイールです。
ホイールはタイヤと同様に見た目の他にも、種類によって性質が異なりますので燃費や乗り心地に大きな影響を与えるパーツになります。
タイヤを交換することと同じようにホイールの交換によっても、車の特徴を変えることができます。
ホイールには構造によって、1ピースのものから3ピースのものまであります。
1ピースホイールは、ホイール全体がひとつながりになっているもので強度に優れていますが、一般的には重い傾向があります。
2ピースホイールはディスクが単体となっていますので成型を行いやすくて、デザインのバリュエーションをもたらすことができます。
3ピースホイールは2ピースの持っている特徴に加えて、インナーリム、ディスク、フロントリムの3つの部品によって組み上げられたもので、ディスクとリムの部分を鍛造として強度を引き上げることや軽量化を行うことができます。
ディスクとリムのサイズの組み合わせによって、豊富なサイズバリュエーションを生み出すことが可能になります。
愛車にぴったりのサイズのホイールを作ることが可能で、価格としてもリーズナブルな特徴があります。犬09

2ピースホイールの品質と構造

2016/04/14

ホイールの役割というのは、見た目だけでなくその性質によって乗り心地や燃費に大きく関係してきます。ホイールを見極めるうえで最も重要視すべきことは、その製法です。
製法には、鋳型に溶けた材料を型に流し込んで固める「鋳造」と、ある程度削った材料のかたまりを叩いて成型していく「鍛造」の2種類があります。鋳造は比較的リーズナブルであり、鍛造は軽量化する場合に向いている製法です。
構造の特徴として、ホイールには1ピースホイール・2ピースホイール・3ピースホイールがあり、これらは、いくつのパーツから出来ているのかを示すものです。1ピースはリムとディスクが一体型に成型されたもの、2ピースはリムとディスクで構成されたもの、3ピースはさらにリムの部分が分割されているものです。
これらの中で、人気のある2ピースは、ディスクが単体パーツとなっているので成型がしやすく、デザインのバリエーションも大変豊かです。材料に使用されるものは、一般的にアルミ合金製が主流となっています。よく車の標準装備となっていることが多いスチール製のものと比べ、軽量であるということがあげられます。さらに、整形がしやすいのでスタイリッシュなデザインでも作ることが可能、というメリットもあります。犬10

1ピースホイールの品質と構造

2016/04/14

一般的な車両のタイヤに採用されているホイールの構造には、1ピース・2ピース・3ピースといった種類があります。1から3の順に製造工程が複雑になり、材質などとも関係するため一概には言えないものの、通常は工程が複雑になるほど価格が上がっていきます。コスト面で言えば製造工程の少ない1ピースが一番リーズナブルであることが多いです。
1ピースホイールは、リム部からディスク部までつなぎ目がなく、一体化形成されたタイプのホイールで、鋳造製法のためホイールに求められる剛性・耐久性、材質的にも均一であるため、品質も安定しやすい傾向にあります。また、鋳造後に切削加工で仕上げるため、寸法精度が極めて高く、2・3ピース構造に比べて軽く仕上げることが出来る点もメリットとして挙げられます。
反面1ピースは、肉厚を薄くしにくいという面がありますが、一般的なアルミホイールのほとんどはこのタイプです。1ピースはリムとディスクの段差が少ないデザインの物が多く、特に鋳造の場合はコスト的にも安いので、一般的にはメーカー純正ホイールやお手頃価格ホイールや軽量ホイールに多く採用されており、現在の車両で採用されるホイールの主流となっています。犬07

ホイール構造、知っておきたいポイント

2016/04/14

自動車のタイヤに付けているものがホイールで、乗り心地などに大きな影響を与えるものと言えます。
構造としては1ピース、2ピース、3ピースの種類のものがあります。
いつくかのパーツによって製造されているもので、1ピースはディスクとリムが一体的に成型されたものとなります。
2ピースはディスクとリムで構成されていて、3ピースのものはリム部が分割されているタイプとなります。
1ピースの大きな特徴としては強度が高い点を挙げることができて、重くなる傾向があると言えますが、鍛造で生成されたものについては軽さを追求することも可能です。
2ピースはディスクがひとつのパーツとなるために成型がしやすいものとなっていて、デザインを豊富に作ることができます。
3ピースは2ピースの特徴を持っている上に、リムが分割されているために組み合わせの自由度が高くなって、サイズのバリュエーションについても豊富に増やせるメリットがあります。
3ピースのものであれば車にぴったりと合ったタイプのサイズを、低価格で手に入れることが可能になります。
材質としては軽量化が行えるアルミ合金製が一般的なものとなっており、標準装備されているスチール製のものと比較すると、かなり軽量化ができます。
成型しやすい材質となりますので、スタイリッシュなデザインを作れる点もメリットと言えます。犬08

タイヤホイールの役割とは?デザインとの関係性

2016/04/14

タイヤホイールはタイヤを車に装着するためのパーツで、なくてはならないものと言えます。
役割としては1トンを超える車体において、車軸から回転力をタイヤに伝えることになります。
タイアを押さえることによって、加速時や停止時において力を伝えることができます。
直径のサイズを変えることで、正面から見た場合のタイヤのゴムの長さが変わります。
小さくすることによって、ゴムがよくたわむようになって、凸凹のある路面を走行する場合であっても、車体が揺れることを防いで乗り心地を良くすることができます。
熱を放出させるための役割も担っており、ブレーキはブレーキパッドで押さえることで車を止める機能がありますが、それによって摩擦熱が発生します。
種類を変えることによってブレーキ性能を引き上げることもできて、放熱性のある金属のものを使用することで冷却率を上げることができます。
ドレスアップ効果を得るために交換することが可能で、デザイン性を向上させることも可能です。
一般車よりもかっこよく見せるためには種類を交換することで、車の持っている印象を変えることが可能で、デザイン性の高いものにすることができます。
アルミ合金製のものが主流となっており、成型のしやすさから様々な種類のものを作ることができて、スタイリッシュなデザインを楽しめます。
犬06