最近の投稿

扱いが難しい潤滑剤は用途に合わせて!潤滑油種類まとめ

自動車を乗り続けるためには、大切な部分として日頃のメンテナンスをしっかりと行うことです。各種ケミカル用品なども売られていますが、時と場所を選んで適切に使用することが求められています。潤滑油として販売されているものの中にはエンジンオイルを挙げられます。エンジンオイルは車種によって決められていることがあり、粘度を守って使用することが大切です。また、クリーナーに分類されているものがあります。例えばエンジンオイルに混ぜて使用するトリートメントタイプがあり、このアイテムではエンジンをスムーズに作動させることに適しているものです。ガソリンタンク内に入れるクリーナーなども有名です。水抜き剤の効果を合わせ持つタイプが主流になり、エンジン内の汚れを綺麗に除去できるものが登場しています。5千キロ走行毎に使うことが推奨されている場合もあり、定期的に使用することでエンジンを快適に保つことができます。他にもグリース関連のケミカル用品もあります。このタイプはパーツとパーツが接合されている部分などで、経年劣化によって固着してしまうことを防ぐために利用することが一般的で、タイヤ交換などを行う際に、用いる方も存在していますが、タイヤのハブ周りには使わないことが一般的で、走行中にナットが緩んでしまう可能性があるので、取り扱いには注意が必要です。犬04

コメントは受け付けていません。