最近の投稿

チャイルドシートを固定するときに気をつけたいコツとポイント

小さい子供を車に乗せる際にはチャイルドシートを使用しなくてはなりません。6歳未満の子供の場合には義務となっています。また、ちゃんと固定していれば安全を確保できますが、その仕方を間違うとその効果は半減してしまいます。これから正しい固定の仕方を紹介します。
まずは、本体の後ろにあるシャフトを合わせ、角度や車の座席のリクライニングを調整します。その後、装置を車のシートに置き、シートベルトを通して装着します。シートベルトを通す際、ベルトガイドに必ず通しましょう。ベルトガイドの色は、乳幼児用の後向きに乗せるタイプだと青、幼児用の前向きのタイプは赤になっています。装着ができたら、しっかり固定されているかをチェックして完了です。この手順で行えば、女性でも簡単に正しく設定することができます。乗っている車により設定方法が若干違う場合もありますので、一度確認することをおすすめします。
また、装置は後部座席に取り付けましょう。特に、乳幼児用の後ろ向きに乗るタイプの場合は必ず後ろに乗せる必要があります。運転席の隣にするのは危険を伴うからです。具体的にはエアバックが出た場合に大怪我となる可能性があるからです。エアバックは大人が助手席に乗っている場合に合わせて作られているので、子供用ではないのです。

コメントは受け付けていません。