最近の投稿

コード切れによる破裂(バースト)によって生じるトラブルについて

自動車の運転時、タイヤの空気圧は非常に重要なポイントです。乗り心地だけではなくタイヤやひいては自動車の性能を発揮できるかにも関わります。空気圧は高すぎても低すぎてもいけません。高すぎる場合は摩擦や傷を受けやすく、タイヤが損傷します。低すぎる場合は発熱によって損傷や片減りが起きます。1ヶ月に1度は点検をし、その自動車にあった空気圧となるように調整しましょう。ガソリンスタンドなどでもチェックしてもらえますし、それだけのことで確実に重大事故をひとつ減らせる可能性があるのです。

まずご自分の自動車の空気圧を知っておきましょう。タイヤが全く同じものでも搭載する自動車が異なれば適性空気圧は異なります。つまり自動車が空気圧を決め、それを指定空気圧と呼びます。運転席ドア開口部に記載されていますので、実際に見ておきます。

さて空気圧が低い時も問題がありますが、空気圧過多で走行した時にも特有の問題が起こりやすくなります。まずタイヤセンター部の偏摩耗つまりセンター摩耗を発生しやすくなり、タイヤの寿命が短くなります。また自動車運転中に車が跳ね上がるような感触を受け乗り心地が悪化します。さらにタイヤに傷を受けやすくなり、コード切れやタイヤのバーストに至り重大事故を引き起こします。

これらの問題を避けるには、空気圧点検や調整はタイヤが冷えている時に行って正確に点検・調整します。また月1回はエアゲージを用いて自主点検しましょう。さらに空気圧調整は指定値を下回らないようにし、上限は10%程度とします。そしてバルブからの空気漏れやホイール変形がないことも確認しておきます。最後に、スペアタイアも忘れずに点検します。

コメントは受け付けていません。