最近の投稿

エンジンは車の心臓部!大切なことは?

犬12自動車は動力によって動いていますが、それはエンジンが回転し続けていることで動かしています。これが故障してしまうと動かすこともできなくなります。
エンジンにもいろいろな種類がありますが、一般的にシリンダーと呼ばれる中にピストンがありそれが上下に動いています。シリンダーの上部にはシリンダーヘッドがありここにカムシャフトとバルブがあります。ここから空気と燃料の混合気を取り入れて爆発燃焼し、排気しているのです。この力を利用してピストンが上下に動いてクランクシャフトを回しています。
エンジンが故障しないように大切なことはメンテナンスをすることです。それはエンジンは摩擦などによって高温になるためにオイルが入っていて、潤滑油の役割をしています。
潤滑油であるオイルは劣化してくることと量も減ってきます。劣化してくると本来の性能を出すことができず燃費が悪くなってしまうことや、オイルの残量が減るとオーバーヒートしてしまうことにもなります。オイルは定期的に交換を行うことです。半年や3千~5千キロごとに交換するといいです。
他にエンジンは点火プラグがついていてこれも消耗します。点火プラグも定期的に交換するパーツであり、2万キロごとに交換します。

コメントは受け付けていません。