最近の投稿

エンジンの形の違い

自動車のエンジンの形には何種類かあります。
その中で直列エンジンとはピストンが直線上に並んでいるもので、ほとんどは4気筒か6気筒になります。
それ以上の気筒数だと長くなりすぎてエンジンルームが大きくなるからです。
これをボディに対し縦に搭載したものが縦置き直列エンジンです。
左右の重量バランスがうまく取れてハンドルの操作性に優れているのですが、エンジンルームが縦長になるので室内空間が犠牲になります。
これに対し横置き直列エンジンはエンジンルームの大きさを小さくできて、その分室内空間を広く取ることができます。
ただしハンドルの小回りが利かなくなるため、主にコンパクトカーでこの形は採用されています。
直列エンジンの他に、エンジンを正面から見たときにピストンをV字型に並べるV型エンジンがあります。
直列ではその長さにより気筒数に制限がありますが、この形だと多気筒でもコンパクトにすることができて8気筒や12気筒のものもあります。
気筒を増やすことにより馬力を大きくしたり高回転まで吹けやすくできますが、エンジン自体がその分大きくなるのでボディもある程度大きくなります。
なお、V型エンジンにも縦置きと横置きがあります。
直列やV型はピストンが上下に移動しますが、これを左右に水平に配置したのが水平対向エンジンです。
これによりピストン運動による振動を抑え、回転がスムーズになります。
ただし横幅が大きくなりストロークを短くする必要があるため、燃費はあまりよくありません。
またこの形を採用しているメーカーが少ないので、これに対応できる整備士が少ないのが難点です。

コメントは受け付けていません。