最近の投稿

エンジンの燃料の違い

犬13エンジンは、車が走るには必要不可欠です。
エンジンは、燃料と空気をエンジン内部で混ぜ合わせて爆発することで走ることができるのです。
エンジンの燃料は、ガソリンと軽油です。
ガソリンには、レギュラーとハイオクの2種類があります。
レギュラーとハイオクの違いは、「オクタン値」の違いでハイオクというぐらいですからオクタン値が
高いのがハイオクなんです。
内容的には、添加物の違いなのですが添加物の多いのがハイオクですが添加物が多いと、何が
違うのでしょう。
エンジン内部では、ガソリンと空気を混ぜ合わせて爆発させて走ることができるわけですが爆発も
必ず決まったところで起きるのではなく、予想しないところで爆発することもあるのです。
ハイオクは添加物を多く混ぜて、予想しないところでの爆発を少なくすることができるのでダメージ
も少なく済みます。
軽油は、ディーゼルエンジンの燃料になります。
ディーゼルエンジンは、構造が違うので軽油で走りますがは、石油から採取するときの蒸留温度
の違いです。
ガソリンにレギュラーとハイオクがあるように軽油とプレミアムタイプがあります。
違いは「セタン価」の違いにあり、セタン価が高いと自動着火しやすいしやすいのでプレミアムと
名付けているようです。

コメントは受け付けていません。