最近の投稿

はく離(セパレーション)って何?

車は仕事や日常生活の移動手段の一つとして、現代社会でよく活用されています。
日々車に乗っていると、色々な故障やトラブルが発生することがあります。
セパレーションとはタイヤの内部が分離して剥離してしまう状態のことを言います。
その原因は様々なものがありますが、空気圧不足であったり、高速走行による発熱によるものだったり、縁石などの障害物に乗り上げた衝撃で内部のワイヤーが切れてしまったりするといったケースによって起こります。
剥離が起こった場合には、酷くなるとバーストを起こすので、スペアタイヤに交換して、新しいタイヤを購入した方が良いです。
タイヤの剥離が起こらないようにする為には、空気圧不足を解消したり、過度な高速走行をしないようにしたり、荷物を載せ過ぎないようにしたり、タイヤとホイールを適合させたりすることです。
空気圧が不足している状態で無理な走行をさせると、タイヤは剥離を起こしやすい状態になるのです。
剥離を起こすと、車の走行に支障が出てくるので、日頃からメンテナンスを行い、極力車にとって適した条件で走行することが必要です。
また、剥離が起こった時に応急処置が出来る体制を整えておくことが大切であり、スペアタイヤを持っておくと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。