最近の投稿

ハザードランプの使い方!コツと豆知識

ハザードランプといえば自動車を駐停車させているときに点滅させるもの。ですがそれ以外にも有効な活用法があります。一般的に広く使われているのは進路を譲ってもらったりしたときにお礼として点灯させる合図。前方を見ながら後方の車両へ挨拶できることもあり、安全であり進路を譲ってくれた人にも不快を与えることのない動作です。道を譲ってもらうといってもいろいろな状況があります。コンビニなど公道外から侵入するほかにも山道などで道を譲ってもらう機会もあります。前方の車両が進路を譲るため、離合区域で避けてくれたときなどにもハザードで挨拶することでお互いに気持ちよく運転することができます。このようにハザードには便利な使い方がたくさんあります。進路を譲ってもらう以外に重要な使い方といえば高速道路での渋滞のときが挙げられます。渋滞最後部の車両はこの先渋滞が発生していることを知らせるため、ハザードを点滅させておくことが推奨されています。高速道路の場合、渋滞に気づくのが遅れると重大な事故に繋がりかねません。そうならないためにもハザードを点滅させ、後続車両に渋滞を知らせるのです。そうすればさらに後続車両へとその合図が広まっていき、安全に運転することができます。

コメントは受け付けていません。