最近の投稿

ハイブリッドエンジンとは

最近話題のハイブリッドエンジン
ハイブリッドとは「異なったものを混ぜ合わせる」という意味で、ハイブリッドエンジンはガソリンエンジンと電気モーターの2種類のエンジンを状況に合わせて使い分けるエンジンです。
ガソリンエンジンはパワーと燃費の良さで、長く自動車のエンジンの主流でした。しかし近年、石油資源の枯渇や環境への悪影響などガソリンエンジンをめぐる環境が悪化してきました。そこで注目されてきたのが電気モーターです。電気モーターはガソリンを使わないので環境にやさしく、次世代のエンジンといわれていますが、ガソリンエンジンに比べるとパワーや航続距離が少ない、現在は充電用のステーションがほとんどない、など実用化にはまだまだ問題があります。
そこで電気モーターの欠点をガソリンエンジンで補う仕組みが生まれました。それがハイブリッドエンジンなのです。
発進時や低速時には充電された電気を使って電気モーターによる走行を行い、ある程度スピードが出てくるとガソリンエンジンに切り替え、モーター用の電力を発電、バッテリーへの充電を行うことで、電気モーターでの走行時用の電気を補います。
このように2つのエンジンを組み合わせることによってお互いの欠点を補い、長所を生かす走行が可能になりました。
ハイブリッドエンジンはガソリンエンジンのパワーや航続距離と、電気モーターの環境性を併せ持つ、まさにハイブリッドなエンジンなのです。

コメントは受け付けていません。