最近の投稿

ハイドロプレーニング現象について

自動車の走行と停止には、摩擦力が大いに関係しています。これはタイヤと路面が接することで発生します。したがって道路状況の良い環境であれば、自動車は本来設計された通りの機能を発揮して快適な運転をすることができます。しかし路面はいつでも最適の環境とは限りません。すり減ってしまっているタイヤは論外としても、新品のタイヤで走行してもこの摩擦が働かず、運転者にとって制御不能の状態に陥ることがあります。そのひとつがハイドロプレーニング現象です。

水はけの悪い道路をある一定以上のスピードで走行を続けていると、タイヤと路面との摩擦が生じなくなり、制御不能に陥ってしまうのがこの現象です。自動車教習所の学科では必ず取り上げられて注意が換気されているはずですが、この現象を「知らない」とする人も少なくありません。しかしそのような人でも、雨天時に路面状態が悪い道路を走行して、ハンドルやブレーキがうまく効かなかったという経験を持っている人も少なくありません。つまり普遍的に起きうる現象なのです。

この現象が起きやすいのは雨天の高速道路などです。対策は、道路に水が溜まっていないかを目視注意、減速、摩耗したタイヤを使わない、タイヤの適性空気圧の確保、です。そして走行中に万が一遭遇してしまったら、アクセルから足を離さない、ハンドルはそのままの状態で、ブレーキは踏まない、シフトも変えない、としてタイヤの回転に合わせて徐々に減速するのを待ち、タイヤが地面をしっかりと捕えるまで待つのです。そして一番の秘訣はパニック状態にならないことでしょう。

コメントは受け付けていません。