最近の投稿

公道を走る車には装着が義務、ナンバープレートについて

ナンバープレートは個別の自動車を識別するために取り付けられた標識板です。フォークリフトや耕運機など、工場や田畑内のみで使用し、公道を走らない車両にも取り付ける義務があります。
プレートの大きさは車両の種類によって異なり、大型の車両ほど大きいプレートを付けなければなりません。色も決まっていて自家用は白地に緑文字、軽自動車は黄地に黒文字、営業用は緑地に白文字、軽自動車は黒地に黄文字となっています。さらにひらがなも使用目的によって使える文字が割り振られています。
現在ナンバープレートは各地の陸運局の支局の所在地名を原則表示することになっていますが、地域振興やイメージアップにつながるなどの理由でいわゆる「ご当地ナンバー」実現に向けての動きが高まっています。平成6年に「湘南」ナンバーが誕生し、地域に大きな宣伝効果があったことから、各地でこの運動が活発化しました。現在ご当地ナンバーは18か所存在します。
ナンバープレートは好きな番号を指定することができます。人気の番号はお金を払って買う必要があります。人気が高ければ高いほどその値段も上がります。取得できればもちろんですが、走っているときに見かけることができればラッキーです。daruma01_l

コメントは受け付けていません。