最近の投稿

残り溝・傷・偏摩耗をチェックするときのポイント

皆さんは自動車を運転されますか。また自動車を運転される方は日々の安全走行に注意していますか。今や、自動車は一家に一台と言われるほど、広く社会に浸透し今では自動車免許を持つのと同じぐらい当たり前のこととして認識されています。そのため、多くの車が行き交い渋滞を引き起こし、さらに直接的な原因ではないにしろ交通事故にもつながっています。交通事故の原因を分析すると、運転者自身によるわき見運転、居眠り運転、スピード超過、そして飲酒運転など、ドライバー自身の人為的なミスと安全運転を心掛けてさえいれば防げる事故が大半です。しかしながら、運転者の意識で防げるものと同じぐらい、自動車の整備不良による事故も発生しています。特にエンジントラブル、シャフトなどの動力系のトラブル、ブレーキ系のトラブルも数多く方向されています。この中のブレーキ系統のトラブルにはタイヤの偏摩耗や傷、残り溝がないためにスリップしたという事例も含まれています。安いタイヤを購入すると品質が悪いため、すぐ摩耗する上に偏った部分だけが中心的に減っていくという現象が起きてしまいます。その結果、蛇行運転やブレーキの利きが悪くなるなど事故に繋がると考えられます。

コメントは受け付けていません。