最近の投稿

運転手が知っておきたい挨拶と合図

車を運転しているとハザードランプやライトで挨拶や合図などを受けることがあるのではないでしょうか。このランプの使い方は教習所などでは習わないので、どのような意味があるのか分からない人もいるはずです。これから、車のランプによる合図について紹介します。
まずは、ハザードランプを2回点滅するサイン。ありがとうを意味して、車線を譲ってもらったりしたときに、利用します。
次に、交差点上で対向車がライトを一回つけるパッシング。これは、右折を最初にしていいよと伝えているのです。交差点でのパッシングについては、意味を理解しないとすぐに動けないので、知っておくとよいでしょう。
また、普通の車線で対向車がパッシングをすることもあります。これは、警察がネズミ捕りをしていることを知らせたり、ヘッドライトが眩しすぎることを伝えています。状況によって判断しましょう。
他には、これから駐停車をする時にハザードランプをつけることがあります。これは、これから駐停車をするということを後続の車に知らせているのです。
ハザードランプの点灯やパッシングにより、様々なことを他の車に知らせることができます。安全運転のため、どのような合図があるのか知っておくとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。