最近の投稿

ホイール構造、知っておきたいポイント

自動車のタイヤに付けているものがホイールで、乗り心地などに大きな影響を与えるものと言えます。
構造としては1ピース、2ピース、3ピースの種類のものがあります。
いつくかのパーツによって製造されているもので、1ピースはディスクとリムが一体的に成型されたものとなります。
2ピースはディスクとリムで構成されていて、3ピースのものはリム部が分割されているタイプとなります。
1ピースの大きな特徴としては強度が高い点を挙げることができて、重くなる傾向があると言えますが、鍛造で生成されたものについては軽さを追求することも可能です。
2ピースはディスクがひとつのパーツとなるために成型がしやすいものとなっていて、デザインを豊富に作ることができます。
3ピースは2ピースの特徴を持っている上に、リムが分割されているために組み合わせの自由度が高くなって、サイズのバリュエーションについても豊富に増やせるメリットがあります。
3ピースのものであれば車にぴったりと合ったタイプのサイズを、低価格で手に入れることが可能になります。
材質としては軽量化が行えるアルミ合金製が一般的なものとなっており、標準装備されているスチール製のものと比較すると、かなり軽量化ができます。
成型しやすい材質となりますので、スタイリッシュなデザインを作れる点もメリットと言えます。犬08

コメントは受け付けていません。